田舎トレーニー A.Tak

ダイエット中に太らないたった1つのお酒の飲み方

ダイエットの知識

お酒はエンプティーカロリーと言われるようにダイエット中に飲んでも太らないと言われています。

しかし実はそんなことはありません。
ダイエット中に間違ったお酒の飲み方をすれば太ります。

だから太らないお酒の飲み方を身につけなければなりません。
でも大丈夫。少しの工夫でダイエット中にお酒を飲んでも太らなくなります。

この記事では簡単にできるたった1つのお酒で太らない飲み方について紹介していきます。

ダイエット中に太らないたった1つのお酒の飲み方

お酒が好きな方にとってダイエット中だろうがお酒だけは飲みたい。そう思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方にダイエット中にお酒を飲んでも太らないたった1つの方法を教えます。
ズバリそれは「お酒とご飯は別々にする」です。

お酒とご飯を一緒に食べるとなぜ太るのか

お酒は最終的に水と二酸化炭素に完全分解されるため、エンプティーカロリだと言われるのですが、問題はその分解過程にあります。

お酒(エタノール)は肝臓で酸化されて「酢酸」に変わります。そして酢酸は血液中に流れ出て筋肉に送り込まれます。

筋肉に送り込まれた酢酸はTCA回路でATPの材料になって最終的に水と二酸化炭素になるのですが、この分解過程でアルコール脱水素酵素やアセトアルデヒド脱水素酵素が働きます。

これらの酵素が働くことでNADPHなどの補酵素が発生してしまいます。
そうすると身体はエネルギーが大量にあると判断してエネルギーを蓄えるために脂肪の合成を活発化させてしまうのです。

だからお酒を飲みながらご飯を食べると身体が脂肪の合成を活発化している時間と重なるため、より太りやすくなるのです。

太らないためにはお酒を飲んだ後も重要

太らないお酒の飲み方としてご飯と一緒にお酒を飲まないことを紹介しましたが、お酒を飲んだ後も同様に注意が必要です。

なぜならお酒は飲めば飲むほどアルコールの分解に時間がかかり、その間アルコール脱水素酵素やアセトアルデヒド脱水素酵素が働くため補酵素も発生してしまいます。

要するにお酒を飲めば飲んだ分だけ「太りやすい時間が続く」ということです。
では実際にお酒を飲んだ後どのくらいの時間置けば良いのでしょうか。

お酒を飲んでも太らないための方程式

ではお酒は飲んだ後どのくらいで分解されるのか。
一般的に1時間で分解できるお酒の量(純アルコール量)は「体重×0.1」と言われています。

これだけではいまいちピンとこないと思うので実際に計算してみます。
まずは飲むお酒の純アルコール量を知る必要があります。

純アルコール度数(g):
アルコール度数(%)÷100×お酒の量(ml)×0.8

で求めることができます。

今回は体重50kgの人が350mlのビールを1缶飲んだときにかかる分解の時間について求めてみます。

この場合だと「アルコール度数5(%)÷100×お酒の量350(ml)×0.8」で純アルコール量は14gと求めることができました。

そして1時間で分解できるお酒の量(純アルコール量)は体重50kgの人の場合5gなので350mlのビールを分解するには“2時間48分”かかるということがわかりました。

だからダイエット中にお酒を飲んで太らないようにするにはこの時間を過ぎてから食事をする必要があるということです。

どうしてもお酒と食事を一緒にしたい場合

太らないお酒の飲み方として「お酒と食事は別々に」と紹介してきましたが、どうしてもお酒と一緒に何かを食べたい場合もあると思います。

そんなときは、

  • 低糖質・低脂質
  • 高タンパク

の食べ物を選ぶと良いでしょう。
よくダイエットでは高タンパクな食べ物が良いと言われますが確かに高タンパクな食べ物は食事代謝(DIT)を高めるのでダイエットの時には積極的に食べたいところです。

そして実際私もお酒が好きでダイエット中にもお酒は飲むのですが、そんな時に食べているのがこれらのおつまみです。

Seapoint Farms, ドライロースト枝豆
created by Rinker
Seapoint Farms
created by Rinker
¥3,500 (2021/06/17 19:14:33時点 Amazon調べ-詳細)

どれも高タンパクでダイエット中のお酒のおつまみとして最高なので、ぜひお試しください。

関連記事:
【知らないとヤバい】高DIT食品がダイエットの明暗を分ける理由
iherbって送料かかるの?紹介コードの使い方や買い方について

まとめ

今回はダイエット中に太らないお酒の飲み方について紹介させていただきました。

ダイエット中にお酒を飲む時に気をつけるべきことはたった1つ「お酒と食事を別々にする」ということです。

お酒自体はエンプティーカロリーと言われていますが、お酒を分解している時にさまざまな酵素が働くため身体はエネルギーが十分にあると判断し脂肪の合成を活発化してしまいます。

そんな時にご飯を食べてしまうと太りやすいというわけです。

また、どうしてもお酒と何かを一緒に食べたい時はできるだけ低糖質・低脂質・高タンパクの食べ物を選ぶことで太りにくくなると思いますのでぜひ参考にしてみてください。

参考書籍:

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?