田舎トレーニー A.Tak

人工甘味料は太る!?カロリーゼロでも摂りすぎない方が良い理由

ダイエットの知識

ダイエットしている時に罪悪感なく食べられるカロリーゼロのお菓子。
これらのお菓子は砂糖の代わりに人工甘味料を使っているためカロリーゼロでも甘くて美味しいお菓子になるのですが、実は人工甘味料は摂りすぎると太る原因になるかもしれません。

この記事では人工甘味料を摂りすぎると太る理由について解説していきます。

人工甘味料は太る!?カロリーゼロでも摂りすぎない方が良い理由

ダイエットしている時に罪悪感なく食べられるカロリーゼロのお菓子。
本来、太らないからという理由で食べると思いますが、実は食べすぎると太る原因になるかもしれません。

そもそもなぜ人工甘味料はゼロカロリーなのか

ゼロカロリーのお菓子には人工甘味料が使われているとお話ししましたが、なぜゼロカロリーになるのでしょうか。

それは人工甘味料は我々人間の体内で消化吸収されないからです。
だからエネルギーとして吸収されないためゼロカロリーになるのです。

人工甘味料を摂ると太る原因

先ほどもお話しした通り、人工甘味料はエネルギーとして吸収されません。
だから太るとは考えにくいのですが、実はこれにはインスリンが関係してきます。

普段の食事で糖質(炭水化物)を摂取すると血糖値が上がります。
そして上がった血糖値を下げるために膵臓からインスリンが分泌されて血糖値を正常値に戻すのですが、実は人工甘味料の場合もインスリンが分泌されてしまうのです。

膵臓には甘みを感じるレセプターが存在し、人工甘味料を摂取することによってそのレセプターが刺激を受けインスリンが分泌されるのです。

そしてインスリンが分泌されると糖質を摂った時と同じように血糖値は下がります。
しかし糖質を摂ったときは血糖値が上がった状態でそれを正常値に戻す働きなので良いのですが、人工甘味料の場合は血糖値が上がっていないのにインスリンが分泌されるので低血糖を引き起こしかねないのです。

すると空腹感が強まり、食べる量が増えてしまい結果的に太るという結果を招くのです。

人工甘味料を摂ると太ることは実験でも明らかに

マウスを使った実験で、
「サッカリン(人工甘味料)入りのヨーグルトを与えた群」
「アスパルテーム(人工甘味料)入りのヨーグルトを与えた群」
「砂糖入りのヨーグルトを与えた群」
に分けて、12週間観察しました。(1)

その結果、全ての群で摂取カロリーが同じなのにも関わらず人工甘味料入りのヨーグルトを摂取した群が1番体重が増加したのです。

摂取カロリーは全ての群で同じなはずなのになぜこのようになったのでしょうか。

実は、人工甘味料入りのヨーグルトを摂取していた群は砂糖入りのヨーグルト摂取群に比べてヨーグルト以外の餌を多く食べていたのです。

つまりは摂取カロリーを減らす目的で摂っていた人工甘味料が逆に食欲を促進させてしまい太る原因を作ってしまったのです。

食欲を我慢すれば人工甘味料を摂っても太ることは免れそう

先ほど紹介した実験では人工甘味料を摂ったことで食欲が促進されてしまい結果的に太る原因になってしまいました。

では人工甘味料を摂っても促進される食欲を抑えれば太ることは免れられるかもしれません。

太り過ぎの男女を対象に、
「ショ糖を含む清涼飲料水を摂取させた群」
「人工甘味料を含む清涼飲料水を摂取させた群」
にわけて10週間観察しました。(2)
※タンパク質や脂質の摂取量は両軍で大きく変わらなかった。

その結果は以下の通りです。

●:ショ糖摂取群
△:人工甘味料摂取群
body weight :体重
fat mass:体脂肪

ショ糖を含む清涼飲料水を摂取させた群は、体重・体脂肪が増加していたのに対し、人工甘味料を含む清涼飲料水を摂取させた群は、体重・体脂肪が減少していました。

当たり前ですがショ糖を含む清涼飲料水を摂取していた群は、ショ糖にカロリーが含まれるため、人工甘味料を含む清涼飲料水を摂取していた群に比べて、1日の摂取カロリーは高くなりました。

つまりは、ショ糖(糖質)を人工甘味料に置き換えて食べる量さえ増えなければ良いということです。

まとめ

今回は人工甘味料を摂ると太る原因について解説させていただきました。

人工甘味料自体は体内で吸収されないためカロリーゼロですが、摂取した時にインスリンが分泌されて血糖値を下げてしまいます。

そして正常値よりも血糖値が下がってしまうと食欲が促進されてしまい結果的に太る原因になってしまうのです。

食欲が促進されても我慢できれば人工甘味料を摂っても太るということは免れられそうですので、「食べるのはカロリーゼロのお菓子だけ」。その他は食べないと決めてカロリーゼロのお菓子を楽しむと良いでしょう。

おすすめのお菓子:

参考書籍:炭水化物のすべて: 山本義徳 業績集1

参考文献:(1)Saccharin and aspartame, compared with sucrose, induce greater weight gain in adult Wistar rats, at similar total caloric intake levels
     (2)Sucrose compared with artificial sweeteners: different effects on ad libitum food intake and body weight after 10 wk of supplementation in overweight subjects

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?