田舎トレーニー A.Tak

水ダイエットの正しいやり方とは?

ダイエットの知識

榮倉奈々さんを始め芸能人の方も取り組んでいる水ダイエットですがこの効果は科学的にも証明されています。

このダイエットは食事の代わりに水を飲むというものではなく、水を飲むことで代謝アップや便秘改善などのダイエット効果を得るというものです。

簡単にいうと「水デトックス」のようなものですが、水ダイエットで効果を得るには適切な水を適切なタイミングで飲む必要があります。

この記事では水ダイエットの正しいやり方について紹介していきます。

水ダイエットの正しいやり方①水の種類

普段何気なく飲んでいる水ですが水には軟水や硬水など種類があります。
水ダイエットを行う時はどんな水を飲めば良いのでしょうか。

水ダイエットで飲むべき水の種類

冒頭でもお話しした通り、水には軟水や硬水があります。水ダイエットを行う時は積極的に硬水を飲むようにしたいのですが軟水や硬水にはどのような特徴があるのでしょうか

硬水のメリット・デメリット

硬水:硬度100mg/L以上

硬水はマグネシウムやカルシウムが多く含まれているので動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を防ぎ、体質改善や健康増進に効果的です。

しかし胃腸が弱い人は硬水に含まれるマグネシウムを摂りすぎると下痢を引き起こしてしまいます。

だからいきなり硬度の高い硬水を飲むのではなく、徐々に硬度を上げていくようにしましょう。

軟水のメリット・デメリット

軟水:硬度0〜100mg/L

日本で販売されている多くの水はこの軟水です。
軟水は味がまろやかなのでお茶や日本食の調理などに向いており、水分補給としても最適です。

しかし硬水にようにマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが含まれていないいので体質改善には向いていません。

水ダイエットでは硬水を飲もう

硬水にはマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが多く含まれているためダイエット中は積極的に摂るようにしましょう。

特にカルシウムには、

  • 内臓を活性化させる働き
  • 腸内に溜まった脂肪を便と共に排出する働き
  • 脂肪燃焼を促進する働き
  • 脂肪吸収を制御する効果

などがあり、
カルシウムをしっかり摂れば“体脂肪が減る”という研究結果があるほどです。

また、マグネシウムは摂りすぎると下痢してしまいますが、マグネシウムには便の中に腸内の水分を吸収させ、便を柔らかくする働きがあります。
これと同時に腸内の老廃物も排出してくれる働きもあるので「水デトックス」にはピッタリの成分です。

どのくらいの硬度を選べば良い?

ここまで硬水がダイエットにもたらす効果について紹介してきましたが実際どのくらいの硬度の硬水選べば良いのでしょうか。

先ほどから紹介しているマグネシウムやカルシウムなどのミネラルは、硬度が高ければ高いほど多くのミネラルを含みます。

だから水ダイエットではできるだけ硬度が高い超硬水をおすすめします。
目安としては「硬度1000mg/L以上の超硬水」がおすすめです。

そして超硬水をおすすめする理由はミネラルが多く含まれているからだけではありません。

超硬水にはサルフェートが含まれている商品が多く、サルフェートとは温泉に含まれている成分の1つで老廃物を体外に排出する働きがあります。

また、新陳代謝を高め脂肪を燃やす効果も期待できるのでダイエットには最適というわけです。

個人的なおすすめは「コントレックス」です。
コントレックスはなんと硬度が“1551mg /L”と非常に高いレベルです。

私自身コントレックスを飲み始めた時は飲みにくさを感じましたが1週間もすれば慣れるので初めての方でも問題ないと思います。

created by Rinker
Contrex(コントレックス)
¥4,580 (2021/06/20 15:51:16時点 Amazon調べ-詳細)

水ダイエットの正しいやり方②水を飲むタイミング

水ダイエットでは1日2.5リットル夏場などの汗をかきやすい時は3リットルを目標に水を飲むようにしましょう。

ただ一気飲みは厳禁。一気飲みしてしまうと腎臓が水を尿として処理する速度を超えてしまい体内に水が溜まって膨らんでしまいます。

その結果「水中毒」や「低ナトリウム血症」になる原因になりかねませんので、あくまでもこまめに飲むこと。
そして特に以下のタイミングで水を飲むことをおすすめします。

  • 起床直後
  • 食事前(間食したくなった時)
  • 入浴前後

タイミング①起床直後

私たちは寝ている間に約500mlの汗をかいています。睡眠時に失われた水分を補給するために起床直後はコップ1杯程度の水を飲むようにしましょう。

タイミング②食事前(間食したくなった時)

食事前に水を飲むことで食事の量を減らすことが期待できます。ただ、食事の置き換えで水を飲むわけでは無いので注意してください。

なぜ食事前に水を飲むと良いかというと胃の酸性度を薄められるからです。
私たちは食事をすると食べ物は胃で消化されますが、このとき食べ物を消化するために胃酸が分泌され酸性度が上昇します。

そして満腹になると胃酸の分泌が収まり酸性度は低下するのですが、空腹時に水を飲むことで胃の酸性度が薄められ、その結果脳に「満腹信号」として伝えられ、食事の量を減らす効果が期待できるのです。

タイミング③入浴前後

1日の疲れを癒してくれる入浴ですが10分程度の入浴でも400mlほどの水分が失われます。

特に長時間半身浴をする方は入浴前後に多めに水分を摂るようにしましょう。

水ダイエットの正しいやり方③水の温度

ここまで水ダイエットのやり方について紹介してきましたが、水を多く飲むことで消費カロリーが増えて痩せやすくなることは科学的にも証明されています。

そしてできるだけ温度の低い水を飲んだ方がダイエット効果が高まりそうです。

ドイツの栄養研究所のM・ボッシュ博士の研究で明らかになった事実ですが、
健康な男女14人を対象に水を0.5ℓ飲むとエネルギー代謝はどのように変化するか観察しました。

その結果、男女問わず水を飲んだ後の消費カロリーは30%も増加し、その効果は30〜40分後にピークに達しました。

またこの研究では飲む水の温度についても調査されたのですが、その結果37度の温水を飲むよりも22度の常温の水を飲んだ方が多くのカロリーを消費しました。

このような結果になったのは人間にはホメオスタシス(恒常性維持機能)が備わっているからだと思われます。

体温より低い温度の水を飲むことで体温は一時的に低下します。
そこでホメオスタシスが働くことによって、下がった体温を元の体温まで戻そうと働きます。

この時にエネルギーが必要になり多くのエネルギーが消費されるのです。
この結果からできるだけ温度の低い水を飲むと良いですが、あまり温度の低い水を飲んでしまうと内臓温度が下がり基礎代謝や免疫機能がダウンしてしまいます。
常温よりは冷蔵庫で冷やした水を飲むようにすると良いでしょう。

まとめ

今回は水ダイエットの正しいやり方について紹介させていただきました。
水ダイエットの正しいやり方は以下の通りです。

  • できるだけ硬度の高い硬水を飲む
  • 水を飲むタイミングは起床直後や食前、入浴前後が最適
  • できるだけ温度の低い水の方がダイエット効果は高い

注意しなければならないのは食事を水に置き換えるのでは無いということです。
水ダイエットは水を飲むことで代謝アップや便秘改善などのダイエット効果を得るというものです。

この点に注意して水ダイエットを行なってみてください!

参考書籍:

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?