田舎トレーニー A.Tak

なぜ運動が脂肪燃焼に効果的なのか?

ダイエットの知識

必死にダイエットしているのになかなか落ちない脂肪の塊。
食事制限だけでは限界があり、脂肪を燃焼させるには運動を取り入れることがカギになります。

そして、実は運動には脂肪燃焼にスイッチを入れる働きがあるのです。

なぜ運動が脂肪燃焼に効果的なのか?

私たちがダイエットするきっかけとなる脂肪の塊は「中性脂肪」と言われています。

そして蓄えられた中性脂肪を燃焼するには、中性脂肪を「脂肪酸」と「グリセロール」に分解する必要があり、
この分解にホルモン感受性リパーゼ(HSL)という酵素が働きます。

要するにHSLを活発に働かせることが脂肪燃焼には重要ということです。

HSLを活発化させるために運動が必要

そしてこのHSLは運動することによって活発化します。

例えば軽くジョギングするだけでもアドレナリンが分泌されたり、筋トレなどの無酸素運動をするとアドレナリンよりも強い脂肪燃焼作用を持つ成長ホルモンが分泌されます。

だから運動とは消費カロリーを増やすためにも必要ですが、脂肪燃焼しやすい身体を作るためにも効果的なのです。

年齢と共に脂肪は燃焼しなくなる

HSLの働きによって分解され、血液中に放出された脂肪酸(遊離脂肪酸)は
ミトコンドリアというエネルギー生産工場内で、

「β酸化(脂肪酸分解経路)」を経てエネルギーを生み出し燃焼されます。

しかし脂肪酸はそのままの状態ではミトコンドリア内膜に入ることはできません。
要するに分解された脂肪酸をそのままの状態で燃焼することはできないということ。

効果的な脂肪燃焼にはカルニチンが必要

実は脂肪酸の燃焼にはカルニチンが必要になります。
脂肪酸がカルニチンと結合し、「アシルカルニチン」に変換されて初めてミトコンドリアに入ることができます。

逆に運動によって中性脂肪を脂肪酸に分解しても、カルニチンと結合できずミトコンドリア内で燃焼されなければ、脂肪酸は逆戻りして再び中性脂肪に戻ってしまいます。

だから脂肪燃焼にカルニチンの働きは非常に重要。

通常必要量のカルニチンは体内でも作られるため意識的に摂る必要はないのですが、実は年齢と共にカルニチンの濃度は低下していきます。
つまりは歳をとると脂肪燃焼させにくくなるということ。

もし心配な方はカルニチンはサプリとしても安く販売されているので、摂りながらダイエットすると良いでしょう。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,104 (2021/06/17 17:54:24時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

中性脂肪を燃焼するには、まず運動をしてホルモン感受性リパーゼ(HSL)の働きを活発化し、中性脂肪を「脂肪酸」と「グリセロール」に分解する必要があります。

分解された脂肪酸は、カルニチンと結合し「アシルカルニチン」に変換されて、
ミトコンドリア内でβ酸化を経てエネルギーを生み出し燃焼されます。

この一連の脂肪が落ちる仕組みを効率よく働かせるためには、
・適度な運動をして、「HSL」の働きを活発にさせること。
・サプリメントとして「カルニチン」を摂取すること。

これらを意識すること脂肪を効率よく燃焼させ、理想の体型を実現することができます。
ぜひ、参考にしてみてください!

参考書籍

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?