田舎トレーニー A.Tak

【徹底比較】国産と海外のプロテインバーの違いとは?

その他

海外のプロテインバーと国産のプロテインバーって何が違うの?

今回はそんな疑問にお答えしていこうと思います。

私自身iherbなどの個人輸入向けサイトを利用し、10数種類のプロテインバーを食べてきました。
海外のプロテインバーのみならず、コンビニやスーパーで売っているプロテインバーも食べています。

そんな私だからこそ知っているこれらのプロテインバーの違いについてお話ししていきます。

【徹底比較】国産と海外のプロテインバーの違いとは?

比較表

国産 海外
価格 150円~ 150円~
比較的美味しい 美味しくない物もある
タンパク質含有量 5g~15g程度 20g以上がほとんど
糖質含有量 高め 低め
手軽さ コンビニで買える 通販サイトで箱買いする必要がある

価格

1本当たりの価格の差はほとんどありません。
ただ、注意していただきたいのはあくまでも「1本あたり」ということです。

基本的に海外のプロテインバーはバラ売りしていません。箱買いする必要があります。
スポーツジムなどで1本で販売している場合もありますが、1.5倍増しくらいの価格になっていることが多いです。

だから、1本で購入する場合は国産のプロテインバー方が安い傾向にあります。

基本的に国産のプロテインバーの方が美味しい物が多いです。
日本人向けに作られているので当たり前と言えば当たり前ですが…

ただ、味に関しては個人の好みなので一概には言えません。
海外のプロテインバーでも美味しく仕上がっている物が多いので問題なく楽しむことが出来ると思います。

タンパク質含有量

タンパク質に関しては海外のプロテインバーの方が良いです。
国産のプロテインバーは10g程度の物が多く、1日に足りない分のタンパク質を補う程度。

それに対して海外のプロテインバーは20g以上の物が多いです。
中には40gくらいのタンパク質を摂れてしまう物もあります。

筋トレをしている人やダイエットをしている人には海外のプロテインバーがおすすめです。

糖質含有量

糖質含有量は海外のプロテインバーの方が低い物が多いです。
国産のプロテインバーは普通に砂糖が使われていますが、海外のプロテインバーにはマルチトールやグリセリンなど、
砂糖の代わりに糖アルコールが使われている物が多いからです。

糖アルコールは安全性が確立されているので身体に影響はありません。
しかし摂りすぎるとお腹を下す原因になります。
だから多くても1日2~3本程度を目安にしておいた方が良いでしょう。

私の経験談を記事にしています。
➡︎プロテインバー の置き換えに関してはこちらから>>

手軽さ

国産のプロテインバーの方が手軽に購入できます。
今やコンビニやスーパーで扱っていない店の方が珍しいですから、そのくらい簡単に買えてしまいます。

それに対し、海外のプロテインバーは基本的に通販サイトから購入する必要があります。
しかも箱買いするのが普通。

大体1箱12本入りなので、自分の口に合わなかった時のことを考えると少しリスキーな面もあります。
購入するときはレビューなどを見ながら慎重に購入する必要がありますね。

まとめ

国産のプロテインバーはタンパク質低めで糖質高め。
しかし手軽さが売りで食べたい時に食べられます。

それに対し、海外のプロテインバーはタンパク質高めで糖質低め。
しかし、通販サイトで箱買いする必要があり、少しリスキーな面もある。

ちょっとしたタンパク質補給なら国産のプロテインバーでも良いですが、
費用対効果を考えると海外のプロテインバーの方がおすすめです!

参考記事

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?