田舎トレーニー A.Tak

糖質制限中でも安心して飲めるおすすめのホエイプロテイン10選

糖質制限ダイエット

糖質制限で意外と見落としがちなプロテインに含まれている“糖質”
実はプロテインの種類によって「わざと糖質が高いプロテイン」も存在します。

いわゆる増量用のプロテインがこのようなタイプですね。

だから糖質制限ダイエットをするときはパッケージ裏の栄養成分表を確認してパッケージだけでプロテインを選ばないようにすることが肝心です。

糖質制限ダイエット中のホエイプロテインの選び方

WPIWPC
糖質低い高い
タンパク質含有率高い低い
カロリー低い高い
価格高い安い

ホエイプロテインの中には大きく分けて2種類存在します。
それが「WPC」と「WPI」です。

それぞれの違いについては上の表に書きましたのでご覧ください。

結論から言うと糖質制限ダイエット中に選ぶべきなのは「WPI」のプロテインです。
WPCを選んでも問題はありませんが、ダイエットをすると言うことを考えるとカロリーや糖質が低いWPIを選ぶのがベター。

価格はやや高くなりますが、WPIの方が効率よくタンパク質を摂取できダイエット効果もより期待できます。

また、最近ではペットボトルで飲めるプロテインも販売されています。
今まではシェイカーと1スクープ分計量したプロテインを持ち歩かなければなりませんでしたが、これでだいぶ手軽にプロテインを楽しめます。

出典:amazon.co.jp

関連記事:
プロテインってなに?プロテインの種類について

糖質制限中でも安心して飲めるおすすめのホエイプロテイン10選

私はこれまで数十種類のプロテインを飲んできましたが、その中から厳選して糖質制限ダイエットにおすすめのプロテインを選びました。

基本的には国産のプロテインよりも海外のプロテインの方がダイエットに特化したコスパの良いプロテインが多い傾向にあります。

私は「iHerb」と言う個人輸入向けサイトを利用して購入しています。
使い方も簡単なのでこれを機会にぜひ簡単個人輸入でお得な生活始めてみませんか?

➡︎簡単お得なiHerbの使い方を詳しく解説!
>>iHerbって送料かかるの?紹介コードの使い方や買い方について

では早速紹介していきます!

No.1:ALLMAX AllWhey Gold

created by Rinker
AllMax Nutrition
¥6,745 (2021/09/23 12:31:21時点 Amazon調べ-詳細)

1食分(32g):炭水化物4g(食物繊維1g)

私の中で今まで1番おすすめしていたプロテインはゴールドスタンダードでしたが、今はALLMAXのGoldシリーズをおすすめします。

なぜならゴールドスタンダードのプロテインは最近値上げし、iHerbサイトでも割引対象外になるなど、価格の面でコスパが良いとは言えなくなってきたからです。

ALLMAXのGoldシリーズはWPIのプロテインなので糖質が低く、味も美味しいので初めて海外のプロテインを飲まれる方や、今までゴールドスタンダードを飲んできた方に代替え品としておすすめです。

No.2:Optimum Nutrition ゴールドスタンダード

created by Rinker
オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)
¥7,980 (2021/09/22 15:24:20時点 Amazon調べ-詳細)

1食分(30.4g):炭水化物3g(食物繊維1g)

海外のプロテインは甘すぎたり、日本人の口に合わないものが多かったりしますが、ゴールドスタンダードはそんなことはありません。

ほどよい甘さで、ダマになりにくく飲みやすいのが特徴です。
ただ、最近値上げしコスパが良いとは言えなくなってきたのが残念。

No.3:ALLMAX AllWhey Classic

created by Rinker
AllMax Nutrition
¥5,794 (2021/09/23 07:44:57時点 Amazon調べ-詳細)

1食分(43g):炭水化物:7g

ALLMAXから販売されているWPCのプロテインになります。
WPCなのでやや糖質は高くはなりますが、コスパが最高に良いです。

味は正直Goldシリーズの方が美味しいですが、価格重視の方にはおすすめです。

No.4:FIXIT ホエイプロテイン

created by Rinker
Fix It
¥2,980 (2021/09/22 15:24:20時点 Amazon調べ-詳細)

1食分(30g):炭水化物3g

日本国内で製造されたプロテインでタンパク質含有量80%以上の高タンパクプロテインです。

すっきりとした美味しさでジュースやデザート感覚でも飲めると思います!

No.5:Muscletech Nitro-Tech(ニトロテック)

1食分(44g):炭水化物4g

未だにニトロテックと読むのかナイトロテックと読むのかわかりませんが、マッスルテックのこのプロテインは糖質が抑えられている上に、価格が安いのでおすすめです。

また、ホエイペプチドが配合されているのもおすすめするポイント!
ペプチドは筋肉の合成を効果的にサポートしてくれる働きがあります。

糖質制限ダイエットをしている方はもちろん筋トレをしている方にもおすすめです。

No.6:Dymatize Nutrition iso100

created by Rinker
Dymatize
¥6,490 (2021/09/22 17:11:55時点 Amazon調べ-詳細)

1食分(36g):炭水化物4g

アミノ酸の含有量が高く、特にロイシンの含有量が高い。

ロイシンは筋肉を作るために特に大事なアミノ酸なので、
筋肉をつけたい人に特におすすめです!

このように成分的には申し分ないのですが、価格が高いのが少しネックです。

No.7:ビーレジェンド ホエイプロテイン

created by Rinker
ビーレジェンド(be LEGEND)
¥3,980 (2021/09/22 16:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

1食分(29g):炭水化物3g

ビーレジェンドのプロテインの中でも“そんなバナナ風味”が炭水化物の含有量が低かったです。

そんなバナナ風味は、バナナシェイクを飲んでいる感じで飲めるのでとても美味しいです!

No.8:ATKINS Plus Protein

Atkins, Plus Protein & Fiber
created by Rinker
ATKINS

1食分(325ml):炭水化物9g(食物繊維7g)

アトキンスのというブランドをご存知ない方も多いかもしれませんが、海外ではかなり有名な糖質制限の食品を販売しているブランドです。

有名なのはアトキンスバーですが、実はプロテインも販売されており、
パック型なので持ち運びにも便利でかなり美味しいので糖質制限ダイエット中のプロテインとしておすすめです。

No.9:ALLMAX ISOFLEX

ALLMAX Nutrition, アイソフレックス
created by Rinker
ALLMAX

1食分(30g):炭水化物0g

まさに糖質制限ダイエット中には最強のプロテイン!
糖質も脂質も0gで1杯でタンパク質27gも摂れてしまうという暴れ者です。

価格が高いのがネックですが、糖質制限ダイエットをしていて尚且つ筋トレをして筋肉をつけたいという方にはおすすめです。

No.10:DNS プロエックス

created by Rinker
DNS
¥7,260 (2021/09/22 15:24:22時点 Amazon調べ-詳細)

1食分(350ml):炭水化物1g

大手ジムの自動販売機などにも販売されているこのプロテインですが、
味は美味しいと思います!

そして、シェイカー要らずなので楽!
しかしコスパを考えると、
どうしても高くなってしまいます。

糖質制限におすすめのホエイプロテイン一覧

       
商品画像
ブランド ALLMAX ゴールドスタンダード ALLMAX FIXIT MuscleTech Dymatize ビーレジェンド ATKINS ALLMAX DNS
炭水化物 4g 3g 7g 3g 4g 4g 3g 9g 0g 1g
タンパク質 24g 24g 30g 23g 24g 25g 21g 30g 27g 30g
オススメ度 ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★
商品リンク iHerbで詳細を見るamazonで詳細を見るiHerbで詳細を見る公式ストアで詳細を見るiHerbで詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る iHerbで詳細を見る iHerbで詳細を見る Amazonで詳細を見る

まとめ

今回は糖質制限ダイエット中におすすめな糖質が低いプロテインを紹介させていただきました。

これらのプロテインは私自身が実際に飲んで価格や糖質量を考慮した上で選んだものです。

価格が安いものから高いものまでありますがご自身の予算と相談しながら決めていただければ幸いです。

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?