田舎トレーニー A.Tak

【意外と知らない】トレーニングベルトの効果と使い方

筋トレの知識

ジムに行くと腰回りに太いトレーニングベルトを巻いている人を見かけると思いますが、あれって実際必要なのでしょうか。

トレーニングの効果を高めるなら買いたいし、意味ないなら無駄なお金使いたくないし。
そして、買うならどのようなものを買うべきなのか。効果のないものを買っても意味がないですから。

この記事はこれからトレーニングベルトの購入を考えている方に必見の内容になっているのでぜひご参考ください。

【意外と知らない】トレーニングベルトの効果と使い方

トレーニングベルトの効果とは

トレーニングベルトを使うことで「スクワット」や「デッドリフト」などのフリーウェイトにおいて安全にトレーニングを行うことができます。

そしてトレーニングベルトの効果は大きく以下の2点です。

  • 脊柱を守ることができる(腰痛予防)
  • 強い腹筋を作ることができる

トレーニングベルトの効果①腰痛予防

トレーニングベルトを使うことにより筋肉から脊柱にかけられる圧力を高め、脊柱を守ることができます。

フリーウェイトをすると上手く軌道が確保できなく腰を痛めてしまう原因にもなるのですが、トレーニングベルトを使うことでそういった怪我を予防することができます。

トレーニングベルトの効果②強い腹筋を作る

トレーニングベルトを使うことで身体の感覚に対するシグナルが発生するため腹部の筋収縮を強めることができます

だから腹筋以外のトレーニングをしていても腹筋の腹圧を高めることができ、より強い腹筋を作ることができるのです。

トレーニングベルトの使い方って?

トレーニングベルトは、腹圧を高めてくれたり怪我予防に最適なトレーニングギアですが、これは適切な使い方をした場合に得られる効果です。
だからまずはトレーニングベルトの正しい使い方について解説していきます。

トレーニングベルトを使うのはメインセットのみ!

トレーニングベルトはずっと付けていれば良いというものでもありません。

例えば、メインセットの前にウォームアップをする人はウォームアップ中はつける必要はありません。
メインセットのみで使用すれば十分でしょう。

しかしベルトをつけることで動作パターンが変わってしまう可能性があります。
そのため、「ウォームアップの最後のセット+メインセット」での使用をおすすめします!

どのくらいの強さで締め付ければ良いの?

正直これは好みの問題かもしれません。
私は以前お腹を凹ませて、閉まるギリギリの穴に設定してトレーニングをしていました。
その方がしっかり固定されている感があって安心していたからです。

しかし締めすぎると腹筋を収縮させて力を生みにくくなり、腹圧を生むのが難しくなります。
だから締めすぎるよりはゆるい方が良いかもしれません。

また大会に出ているなどで増量期減量期を設けている人は季節によって閉まるベルト穴も変わると思うので、締めすぎない程度の穴に設定すると良いでしょう。

買うときは気をつけて!効果のあるトレーニングベルトとは

一概にトレーニングベルトと言ってもその種類はさまざまあります。
最近よく目にするのが背中の部分だけ幅が太くなっていてそこにブランドロゴが書いてあるようなトレーニングベルトです。

前側は幅が5cmなのに背中側の幅が10〜15cmに広がるようなベルトです。
私も某有名ジムで出しているベルトを使用していましたが、実はこれ効果がないんです。

なんか、背中の部分だけ幅が広いから守ってくれそうな感じはしますが、
ベルトが正常に機能するためにはベルトを巻く身体の外周全体に作用しなければなりません。

つまりは、端から端まで同じ幅でなければなりません。
前側よりも背中側の幅を広げる意味など無いのです。

だから効果がある、おすすめのトレーニングベルトは端から端まで同じ幅のものです。
そして、その幅は通常10cmです。

なぜ10cmなのかというと、ほとんどの人にとってろっ骨と股関節の間に巻けるベルトの幅が10cmが最大になるからです。

しかし身長が低い人や、ウエスト部分が短い人は7.5cm幅のベルトを使った方が良いかもしれません。
以上を参考にトレーニングベルト選んでみてください。

まとめ

今回はトレーニングベルトの使い方とその効果について紹介させていただきました。

トレーニングベルトは効果があるものを正しく使えば、腹圧を高めて強い腹筋を作ったり腰痛などの怪我を予防する効果があります。

効果のあるトレーニングベルトとは、幅が均一のものでほとんどの人は10cm幅の物を選び、穴の間隔は狭いほうが微調節がしやすいのでおすすめです。

また、常につけていれば良いというものではありません。
ウォームアップをするのであれば「ウォームアップの最後のセット+メインセット」での使用をおすすめします。

締め付け具合は人それぞれの好みですが、締めすぎるよりはゆるい方が良いでしょう。

最近多い某ジムのブランドロゴが背中の部分に入ったトレーニングベルトでも一定の効果は期待できるので、初めて買う場合はこのような安価なものでも良いでしょう。

参考書籍:

created by Rinker
¥6,498 (2021/06/20 06:46:09時点 Amazon調べ-詳細)

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?