筋トレの知識

【2024最新版】おすすめの筋トレ本10選!これ読んだら初心者でもガチ勢でも、モチベ上がります

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

筋トレに関する本って、たくさんありますよね。

筋トレのやり方を解説した本もあれば、モチベを上げるための本など、目的別にさまざまあります。

私自身筋トレに関する本は50冊以上読んできましたが、その中でも筋トレを始めたばかりの人〜ガチ勢まで、それぞれ目的別におすすめしたい本を厳選しました。

今回は、筋トレする全員におすすめしたい本を紹介していきます。

目的を明確にして筋トレ本を選ぼう

筋トレ本のおすすめはたくさんありますが、読む目的は人それぞれ違うでしょう。

初心者であれば筋トレを継続するための「モチベーションが上がる本」が良いし、中級者以上には「より専門的な内容の本」が良い。

今回はおすすめの10冊を紹介しますが、あなたの目的に合わせて選んでみてください。

後ほど話しますが今回紹介する一部の本はアマゾンが提供する「kindle unlimited」というサービスに登録することで無料で読めます

ぜひご活用ください。

筋トレのモチベーションが上がるおすすめな本

まずは筋トレを始めたばかりの人向けに、継続しやすいモチベーションアップできる本を紹介します。

超筋トレが最近のソリューションである

おすすめの筋トレ本で絶対外せないのが、「Testosteroneさん」の本。

特にこれは外せません。

Twitterも面白いのでフォローしておくと良いですよ。

特に好きなツイートがこれ

この本は、筋トレ初心者のモチベーションアップはもちろん、上級者の人でもこれを読むことで初心に帰れるのでおすすめ。

また筋トレをしていない人でも、この本を読むことで、「筋トレに興味を持つきっかけとなる一冊」になること間違いなし。

この本では具体例を交えながら、「筋トレすることの魅力」ついて詳しく書かれています。

この本を読み終えた時に「なんでみんな筋トレをしないんだ?」と疑問を抱くくらい面白く、読み応えのある本になっています。

このシリーズは全ておすすめ!

筋トレは人生を変える哲学だ

筋トレ系YouTubeを見ているなら、恐らく知っているだろう「元プロボディービルダー」の山岸さんの著書がこちら。

日本人で初めて「Mr.Olympia」と「Arnold Classic」に出場した実績を持ち、本の中でも「だけれども節」が炸裂

主な内容はメンタル面から筋トレや食事の哲学が紹介されています。

この本を読むことで、筋トレのモチベーションのアップや、勉強にもなるおすすめの一冊です。

YEAH BUDDY! ロニーコールマン自伝

筋トレのモチベーションが、最大級にアップする本がこちら。

私はこれを読んで気づけば5kgをダイエットに成功していました。筋トレしなきゃ、減量しなきゃ、と思わせてくれる一冊。

ロニーコールマンは、Mr.Olympiaを8連覇した伝説の男。

異次元すぎる筋トレ、食生活なので、筋トレを始めたばかりの人が読むと引いちゃいそう…

本気で筋トレに取り組んでいる人には、刺さる部分がたくさんあると思います。

トレーニングメニューも公開されているので、気になる人はぜひ読んでみてください。

筋トレの知識が身につくおすすめな本

筋トレの知識が身に付くおすすめの本を、紹介していきます。

効く筋トレ効かない筋トレ

筋トレを初めて「最初の一冊」におすすめなのがこれです。

この本では筋トレに関するすべてがわかりやすく書かれています。

例えば、

  • 筋トレメニューの作り方
  • 筋トレは家とジムのどちらでやるべきか

といった初心者の人が悩みやすい問題から、

  • 家、ジムでどのような筋トレをするべきか
  • フリーウエイトやマシーンの使い方

といった実践的な内容も詳しく説明されています。

ジムで筋トレする人、家で筋トレする人、どちらにもおすすめできる筋トレ入門書です。

スターティング・ストレングス

この本は全米で最も有名なコーチ(Mark Rippetoe)さんの超ベストセラー著書の日本語版。

ここまで詳しくBIG3を解説した本は他にないでしょう

その他にもトレーニンググッズの使い方や、選び方についても紹介しています。

他の本と比べると値段は高いですが、かなり専門的で的を得ています。

パーソナルトレーニングを受けるのも良いですが、これを読むだけで基礎知識は得られます。

なんならパーソナルを受けるより、「こっち読んだほうが勉強になるんじゃないか」と感じたほど。

特に筋トレを始めたばかりで、正しいフォームがわからない段階の人におすすめです。

created by Rinker
¥6,380 (2024/04/16 23:52:24時点 Amazon調べ-詳細)

プリズナートレーニング

著者はなんと元囚人。

「獄中でほかの囚人に舐められないように」と、器具を使わずにあみ出した究極の自重筋トレが紹介されています。

ですので主に、自重トレーニングをする人におすすめの本になっています。

見かけだけじゃなく、実用的な筋肉の鍛え方について解説されているので、スポーツをしている人にもおすすめですね。

目でみる筋力トレーニング解剖学

この本は全身の筋肉が、イラストで図解されています。

使われている筋肉がイメージしやすく、これを読むことで「筋肉を意識した筋トレ」ができるようになります。

筋トレには「意識性の原則」という理論があり、使われている筋肉を意識することで筋トレ効果が高まることがわかっています。

また部位別の筋トレのメニューも複数掲載されているので、狙った部位を効果的に鍛える参考になるでしょう。

ウエイトトレーニング-実践編-

筋肉博士こと山本義徳先生の名著。

この本は、科学的な研究結果をもとにした、 筋トレの内容が詳しく書かれています。

例えば、

  • 筋トレはどのくらい時間したらいいのか
  • インターバルはどのくらいがいいのか

といった初歩的な疑問から、

  • 筋肉別にどのくらいの回数、セット数、インターバルにしたらいいのか
  • どのくらい追い込んだらいいのか
  • 伸び悩んだらどうすればいいのか

など本当に詳しく書かれています。

山本先生は、メジャーリーガーのダルビッシュ有投手のトレーナーを勤めた経験もあり、現在でも多くのボディービルダーのトレーナーをされています。

本の中では、「山本先生オリジナルの筋トレメニュー」なども紹介されており、マンネリ化した筋トレを打破するためにもおすすめの1冊です。

専門用語が多いので、筋トレを始めたばかりの人にはおすすめできませんが、中級者以上の人におすすめです

実践編を紹介しましたが、理論編も買うことで筋トレの理解がより深まりますよ。

山本式3/7法

山本先生の本は専門用語が多く、難しいですが、こちらはわかりやすく解説されています。

先ほど紹介した本に比べれば、内容は薄くなりますが、筋トレを始めたばかりの人でも理解しやすいでしょう。

科学的に正しい筋トレ

この本では、筋トレに関する新常識、タンパク質の摂り方、サプリメントなど「効率よく筋肉をつけるために必要な全ての知識」が、研究結果をもとに紹介されています。

個人的な経験や見解ではなく、論文のデータが基になっているので信頼度が高く、グラフが挿入されているので、読みやすい本になっています。

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,650 (2024/04/16 23:52:26時点 Amazon調べ-詳細)

筋トレ本を無料で読むなら「kindle united」への登録がおすすめ

今回おすすめした以下の筋トレ本が、無料で読める「kindle unlimited」というサービス。

  • 超筋トレが最強のソリューションである
  • 筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法
  • 筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方
  •  筋トレは必ず人生を成功に導く 運命すらも捻じ曲げるマッチョ社長の筋肉哲学
  • ボディビル世界チャンピオンが伝授する 筋トレは人生を変える哲学だ
  • 科学的に正しい筋トレ 最強の教科書

その他にも200万冊の本や雑誌、漫画が読み放題。最初の30日間は無料体験でき、それ以降も月額980円で利用できます。

月に1冊読めば元が取れてしまうのでおすすめのサービスですよ。

私は筋トレ以外のダイエットや、お酒の知識も、このサービスを使って勉強しています。

月に1冊以上本を読む人は、検討してみてはいかがでしょうか!

筋トレおすすめ本のまとめ

今回は、筋トレしている全ての人におすすめしたい本を紹介しました。

筋トレってなかなかモチベーションが続かないし、思うように結果が出なくて嫌になることもありますよね。

そんな時に、読んでほしい本ばかりです。

筋トレの知識を広げるため、モチベーションを上げるためにぜひ活用してください。

kindle unlimited」に登録することで今回紹介した一部本が無料で読めます

その他にも200万冊の本が読み放題なので、月に1冊以上本を読む人は登録したほうがお得ですよ!

ABOUT ME
えーたく
筋トレ歴6年。 過去に飲んだサプリ→プロテイン60種以上・アミノ酸30種以上・プレワークアウト30種以上。 1年目で筋トレするためアメリカのベニスへ。現在も週5で筋トレしています。 以前はiHerbのサプリを中心に紹介していましたが、現在は国産のサプリを中心に紹介しています。