田舎トレーニー A.Tak

【これで痩せた】ケトジェニックダイエットにおすすめのサプリ6選!

ケトジェニックダイエット

ケトジェニックダイエットとは糖質を一切摂らずに行うダイエットのことですが、そのようなダイエットを行うとさまざまな弊害も起こります。

例えば頭が働かなくなったり体臭がキツくなったりなど。
このような現象は食事で得たエネルギーを上手く変換できなかったり、ケトン体が増えることで身体が酸性に傾くことで引き起こされてしまいます。

だからケトジェニック中は糖質を摂らない食事も大切ですが、サプリをしっかり摂ることも重要になります。

この記事ではそんなケトジェニックダイエットで最適なサプリを紹介していきます。

【これで痩せた】ケトジェニックダイエットにおすすめのサプリ6選!

正直、ケトジェニックダイエットを始める前はケトジェニックダイエットにどんなサプリがいいのかわからなかったので以下の書籍を参考にしました。

created by Rinker
¥975 (2021/09/23 08:18:29時点 Amazon調べ-詳細)

そしてこの本の著者である山本先生はケトジェニック中に摂るべきサプリとして以下のサプリをおすすめしていました。

  • Lカルニチン
  • 亜鉛
  • イヌリン
  • シリマリン
  • ケルセチン
  • ユビキノール
  • R(α)リポ酸
  • ビタミンB群
  • マグネシウム
  • ビタミンE
  • βヒドロキシ酢酸
  • アルギニン
  • グルタミン


ご覧の通り凄まじい種類です。笑
流石にサプリといえどこんなに種類を摂ったらとんでもなくお金がかかってしまうのでこの中の6種類を厳選して摂ることにしました。

それが以下の通りです。

  1. ZMA
  2. マルチビタミン
  3. ビタミンE
  4. α-リポ酸
  5. オメガ3
  6. L-カルニチン

それでは早速これらのサプリを摂る理由と摂り方について紹介していきます。

ケトジェニック中に飲むべきサプリの効果と摂り方

ケトジェニックにおすすめのサプリ①α–リポ酸

最近はダイエット系のサプリメントとしても注目を集めている「α−リポ酸」ですが、以下のような働きがあります。

・抗酸化作用
・エネルギー産生の促進

抗酸化作用とは身体が酸性に傾くのを防いでくれるということです。
ケトジェニックのように糖質制限を行うと、体内のケトン体が増え、ケトン体が増加した状態のことをケトーシスと言います。

しかしケトン体が増加することにより体液のphが酸性に傾き、さまざまな病気の原因になったり、冒頭でもお話しした「体臭がキツくなる」という現象が起こるのです。

また、α−リポ酸にはエネルギー産生の促進作用もあるため「頭がぼーっとする」などといった状況にならないためにもぜひ摂取しておきたいサプリです。

α−リポ酸よりもR−リポ酸の方が良い

著者山本先生は「α–リポ酸」よりも「R−リポ酸」の方が良いとおっしゃっていました。

α−リポ酸には「S体」と「R体」が存在するのですが、通常のα−リポ酸は「S体50%:R体50%」の化合物になっています。

しかし「S体」に比べ「R体」の方が生物活性(=効果)が高いという多くの研究結果が発表されています。

この効果が高い「R体」のみを単離させて「R体100%」になったものが、「R−リポ酸」なのです。

値段は少し高くなるのですが効果をより期待できる「R−リポ酸」の購入をおすすめします。

摂取量とタイミング

私は以下のタイミングでα-リポ酸を摂取していました。

  • 朝食後に200mg(1粒)
  • 昼食後に200mg(1粒)
  • 夕食後に200mg(1粒)

ケトジェニックを初めて1週間の間のみ昼食後にも摂取していました。
なお、食事と一緒に摂取すると吸収が悪くなるので注意してください。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥850 (2021/09/23 08:18:30時点 Amazon調べ-詳細)

ケトジェニックにおすすめのサプリ②ZMA

ZMAとは「亜鉛」「マグネシウム」「ビタミンB6」がミックスされてあるサプリです。
それぞれ単体で摂ることもできますがミックスされてある方が便利で飲む数も少なくなるのでおすすめです。

これらのサプリには以下のような働きがあります。

亜鉛の働き:タンパク質の合成を高める
マグネシウムの働き:代謝アップによる中性脂肪を減らしたり便秘予防効果
ビタミンB6の働き:アミノ酸の代謝を良くする

このようにZMAにはさまざまな効果が期待できるのでケトジェニック中に関わらず普段の生活でも摂取しておきたいサプリです。

特にマグネシウムは最近テレビでも話題になっていますが代謝をアップさせ、中性脂肪を分解する働きがあります。
また、便秘予防にも効果的なので便秘がちな方には特におすすめのサプリです。

また、タンパク質を多く摂る方はビタミンB6も忘れてはなりません。
いくらタンパク質を多く摂ってもビタミンB6がなければアミノ酸を利用することができません。

しっかり摂るようにしましょう。

摂取量とタイミング

著者山本先生はそれぞれのサプリを以下のようなタイミングで飲むことをおすすめしています。

  • 朝食後に「亜鉛30mg」「マグネシウム100mg」
  • 昼食後に「マグネシウム100mg」
  • 夕食後に「亜鉛30mg」「マグネシウム100mg」

しかし、これを実行するにはそれぞれのサプリメントを単品で購入する必要があり「ZMA」は3種類がミックスされているためそんな融通は効かない。笑

私が摂取していたオプチマム・ニュートリションの「ZMA」は3粒/日が目安で、
3粒で、

  • ビタミンB6:10.5mg
  • マグネシウム:450mg
  • 亜鉛:30mg

が摂取できます。
だから私は以下のタイミングでZMAを摂取していました。

  • 朝食後に2粒
  • 夕食後に1粒

そしてマグネシウムだけ単品で昼食後に摂取していました。

サプリを単品で購入する場合

created by Rinker
ダグラスラボラトリーズ
¥2,808 (2021/09/22 21:19:51時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ドクターズベスト(Doctor's Best)
¥1,710 (2021/09/23 08:18:30時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
NATUREMADE(ネイチャーメイド)
¥520 (2021/09/22 21:19:51時点 Amazon調べ-詳細)

ミックスで購入する場合

created by Rinker
オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)
¥2,974 (2021/09/22 16:16:22時点 Amazon調べ-詳細)

ケトジェニックにおすすめのサプリ③ビタミンE

ビタミンEには以下のような働きがあります。

・強い抗酸化作用
・血行を促す働き

ビタミンEには先ほども話したしたα-リポ酸と同様に、強い抗酸化作用があります。

そのため、体液が酸性に傾くことによる免疫力の低下の予防や体臭などの発生予防に効果的です。

また、抹消血管を広げて血行を促す働きもあるため冷え性や頭痛、腰痛を改善する働きもあります。

摂取量とタイミング

私は以下のタイミングでビタミンEを摂取していました。

  • 朝食後に268mg(1粒)
  • 夕食後に268mg(1粒)

なお、ビタミンEは脂溶性ビタミンのため、摂取しすぎには気をつけてください。
また、ナッツ類にもビタミンEは多く含まれているのでナッツ類を1日に良く食べる人は、摂取の必要はないかもしれません。

created by Rinker
NATUREMADE(ネイチャーメイド)
¥1,245 (2021/09/23 01:56:39時点 Amazon調べ-詳細)

ケトジェニックにおすすめのサプリ④オメガ3

必須脂肪酸でもあり、最近ダイエットサプリとして人気の高いオメガ3には以下のような働きがあります。

・炎症を抑制する
・動脈硬化の予防
・血圧を下げる働き

オメガ3は糖質制限中に関わらず普段の生活でも摂取しておくべきサプリです。

なぜならオメガ3は必須脂肪酸であるため私たちの体内で合成することができません。
だから食事やサプリとして外部から取り入れる必要があるからです。

特に私たちには不足しがちな脂質なので、サプリメントとして効率よく摂取しましょう。
・脂肪酸について詳しくはこちらの記事をどうぞ>>

摂取量とタイミング

私は朝はサバ缶を食べていたため夕食後に1粒摂取していました。
基本的には朝食後と夕食後の摂取をおすすめです。

また、オメガ3は海外の商品の方が安いです。
特にiHerbという個人輸入向けサイトではかなり安くオメガ3が買えるのでおすすめです。

created by Rinker
NATUREMADE(ネイチャーメイド)
¥1,138 (2021/09/22 21:19:53時点 Amazon調べ-詳細)

➡︎iHerbの利用方法がわからない方はこちらから
>>iHerbって送料かかるの?紹介コードの使い方や買い方について

ケトジェニックにおすすめのサプリ⑤マルチビタミン

マルチビタミンは1番馴染み深いサプリなのではないでしょうか。
そしてマルチビタミンには以下のような効果があります。

・野菜不足解消
・ベースサプリメントとして最適

マルチビタミンは普段の食生活で不足しがちなビタミンを補う「ベースサプリ」として摂取し、それに加えて「自分が足りないな」と感じる成分が入っているサプリを摂取すると良いでしょう。

摂取量とタイミング

私は「アニマルパック」や「トリプルX(特におすすめ)」というサプリを摂取していますが基本的に毎食後に摂取するようにしていました。

特にビタミンBやビタミンCなどの水溶性のビタミンはこまめに摂取した方が良いでしょう。
また、水溶性のビタミンは多く摂取してもおしっことして体外に排出されるので摂取量はあまり気にしなくても大丈夫です。
・マルチビタミンのおすすめはこちらをどうぞ>>

created by Rinker
Nutrilite
¥8,250 (2021/09/23 08:18:31時点 Amazon調べ-詳細)

ケトジェニックにおすすめのサプリ⑥L−カルニチン

このサプリもまた最近はダイエットサプリとして人気が高いですが、L-カルニチンにはどのような働きがあるのでしょうか

・脂肪を効率よく燃焼できる

ケトジェニック中は特に脂質を多く摂取すると思いますが脂質の主成分である脂肪酸には大きく3種類あります。

  • 短鎖脂肪酸(チーズなどの乳製品)
  • 中鎖脂肪酸(MCTオイルなど)
  • 長鎖脂肪酸(オリーブオイルや肉や魚など)

そして長鎖脂肪酸はそのままではエネルギーになることができません。
脂肪酸がエネルギーになるときに、ミトコンドリアというエネルギー生産工場に脂肪酸は運ばれるのですが、このとき長鎖脂肪酸だけはそのままではミトコンドリアに入ることができず「アシルカルニチン」になって初めて入ることができます。

この「アシルカルニチン」になるために、L−カルニチンが必要になります。私は今回ケトジェニック期間中に飲むのを忘れていたのですが、脂肪のエネルギー化を効率的に行うためにも「L -カルニチン」は摂取した方が良いと思います。

ただ、L-カルニチンだとあまり吸収が良くないために下痢をしてしまう人が多いようです。

できれば「アセチルL-カルニチン」を摂取した方が吸収も良く下痢をしにくいためおすすめです。

摂取量とタイミング

好きなタイミングで1日1gを目安に摂ると良いでしょう。
ただ、先ほどもお話ししましたがL−カルニチンを1g以上摂取すると下痢する可能性があるのでアセチルL-カルニチンをおすすめします。

created by Rinker
NOW
¥3,380 (2021/09/23 01:56:40時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
NOW Foods
¥2,436 (2021/09/23 07:37:17時点 Amazon調べ-詳細)

お金に余裕があれば摂りたいおすすめのサプリ

ここまでさまざまなサプリを紹介してきましたが、ケトジェニック中は炭水化物が摂れないので便秘やお腹の膨満感に悩まされがち。

だからここではそれらを解決するためのサプリを紹介します。

できれば摂りたいおすすめのサプリ①プロバイオティクス

プロバイオティクスとは簡単に言うと善玉菌のことです。

普段であればヨーグルトなどを食べて乳酸菌などの善玉菌を摂取すれば問題ないのですがケトジェニック中はそうもいきません。

だから便秘やお腹の膨満感に悩まされたらプロバイオティクスを摂取すると改善する場合があります。

created by Rinker
California Gold Nutrition
¥1,825 (2021/09/23 07:37:18時点 Amazon調べ-詳細)

できれば摂りたいおすすめのサプリ②難消化性デキストリン

難消化デキストリンとは食物繊維のことです。

ケトジェニック中はご飯などの炭水化物を摂取できないので食物繊維が不足しがちになります。

食物繊維は便ををかさ増ししてくれるので便秘予防に最適です。

プロバイオティクスに合わせて難消化デキストリンも摂取することをおすすめします。

【番外】あると便利なサプリ:βヒドロキシ酪酸(BHB)

Nutricost BHB パウダー(外因性ケトン塩)、ノンフレーバー味、非GMO、グルテンフリー
Nutricost

βヒドロキシ酢酸(BHB)はケトン体を外部から摂取できるという画期的なサプリです。

基本的に人間の身体は「メインエネルギー:糖質」で「サブエネルギー:脂質」をエネルギーに活動しています。

しかし唯一赤血球だけは糖質しかエネルギーにすることができません。

ケトジェニック中はいっさい糖質を摂取しないため、私たちの身体では「糖新生」という自らの身体で糖質を作り出そうとする働きが起こります。

しかし、糖新生を起こす時にアミノ酸が使われてしまいます。

アミノ酸が使われる=筋肉が分解される

だからできるだけ早く、「メインエネルギー:脂質」「サブエネルギー:糖質」の切り替えを行うことが重要になります。

そんな時におすすめのサプリメントが「βヒドロキシ酪酸」です。

このサプリメントは「ケトン体を外部から摂取しちゃおう!」という素晴らしいサプリメントなので筋肉の分解を最小限に抑え、しっかりケトジェニックダイエットを行うことができます。

まとめ

今回はケトジェニックダイエットでおすすめのサプリについて紹介させていただきました。

これらのサプリはケトジェニックダイエットをサポートするアイテムとして非常に役に立つと思います!

ぜひご活用ください!

参考書籍:
ダイエット -実践編- 山本義徳業績集

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?