田舎トレーニー A.Tak

【筋トレ馬鹿が選ぶ】男女別おすすめのトレーニンググローブ5選!

おすすめトレーニングギア

最近では男性だけではなく女性も筋トレに励む姿をよく目にするようになりました。

健康のため、筋肉をつけるためと筋トレをすることはいいことなのですが、ダンベルやバーベルも持って筋トレする気になるのが手にできる豆です。

特に女性なら綺麗な手にはできるだけ傷つけたくないでしょうからそんな時にトレーニンググローブは必要不可欠なものと言えるでしょう。

しかしトレーニンググローブと言っても高いものから安いものまでピンキリといったところです。
この記事ではそんなトレーニンググローブの選び方とおすすめについて紹介していきます。

この記事の目次

トレーニンググローブの選び方

トレーニンググローブは安いものから高いものまでさまざまありますが、選ぶ時には以下のことに注意して選ぶと良いでしょう。

  • 厚さ
  • 洗濯(可/否)
  • 耐久性

トレーニンググローブの選び方①厚さ

トレーニンググローブを使えば豆ができることを予防できます。
しかしこの厚さは筋トレの質を左右します。

なぜなら厚いトレーニンググローブはダンベルやバーベルを持った時に持ちにくくしてしまうからです。

特に重いダンベルは持ち手の部分が太い傾向にあり、そんな時に分厚いトレーニンググローブを使って行うと、ダンベルを持つことで精一杯になってしまい筋トレに集中できなくなってしまいます。

だからできるだけ薄いとレーニンググローブを選ぶべきです。価格は少し高くなる傾向にありますがその方が筋トレの効果を上げてくれます

トレーニンググローブの選び方②洗濯(可/否)

トレーニンググローブは筋トレする時に毎回使うようになるものだと思います。
だから洗濯できる素材を使っているのか確認するのは非常に大切です。

筋トレして汗をかいたのに洗えないものは衛生的にも気分的にも良くないからでしょうから。

最近のトレーニンググローブは洗えないものはあまり見かけませんが、購入前に一応確認した方が良いでしょう。

トレーニンググローブの選び方③耐久性

2年間使っているゴールドジムのプロトレーニンググローブ

正直、これは買って使い続けないと判断できません。

私の経験上の話になりますが、安いトレーニンググローブを購入した時に、縫い目の部分から破れてすぐに使い物にならなくなったことがあります。

しかし耐久性はその人の使い方や環境によって左右します。
だから価格が“高いから良い”とも“安いから悪い”とも言えないでしょう。

おすすめのトレーニンググローブ5選

トレーニンググローブにはメンズ用とレディース用のものがあります。
それぞれデザインが違ったりしているのでメンズ用のものは実用性を考慮して選んでいます。

それに対し女性はあまり高重量のダンベルなどを持つことはないと思いますのでデザインを考慮して選んでいます。

トレーニンググローブ:メンズ編

“ゴールドジム”や“シーク”はとても有名なブランドで信頼性も抜群です。

先ほど写真を載せましたが、私は2年以上ゴールドジムのプロトレーニンググローブを使用していますが、厚さが薄く耐久性も問題ありません。

ダブルベルトでしっかりホールドできるため特におすすめなグローブです!

No.1:ゴールドジム プロトレーニンググローブ(ダブルベルトタイプ)

人間工学に基づき、最も力を抜いた自然な状態で指に合わせ湾曲した形状に設計。

フィット感が高く、厚さも薄いため使いやすいです!

created by Rinker
ゴールドジム(GOLD'S GYM)
¥5,500 (2021/09/23 01:46:02時点 Amazon調べ-詳細)

No.2:ゴールドジム プロトレーニンググローブ(リストラップ一体型)

グローブとリフトラップが一体になっているため、手首をしっかり固定し怪我を予防できます。
厚さが薄いため使いやすです!

created by Rinker
ゴールドジム(GOLD'S GYM)
¥6,588 (2021/09/23 01:46:03時点 Amazon調べ-詳細)

No.3:シーク リストラップ付トレーニンググローブ

特許フィン付きなのでグローブの脱着がしやすいのが特徴。
グローブとリフトストラップ一体型なので手首をしっかり固定でき、安全にトレーニングを行うことができます!

No.4:アディダス トレーニンググローブ エリート

頑丈なダブルリストストラップで手首をしっかりホールドすることができます。
滑り止めがついているため、グリップ力が高く、通気性に優れた商品です!

No.5:ゴールドジム レザーグローブ

他の商品に比べて厚さが厚くなってしまうものの、価格が他の同ブランドに比べて安く、コスパに優れた商品です!

トレーニンググローブ:レディース編

女性向けのグローブは“ピンク”が使われているデザインが多く、可愛いものが多いです。

男性ほど厚さにこだわる必要はないと思いますが、耐久性などを考えると“ゴールドジム”や“シーク”などの筋トレに特化したブランドを選ぶ方が良いでしょう。

No.1:ゴールドジム プロトレーニンググローブ(ダブルベルトタイプ)

女性用なので一部にピンクが使われ可愛いデザインになっています。
商品の特徴はメンズ用と同じです!

No.2:シーク リストラップ付トレーニンググローブ

シークの女性用のデザイン!
全体的に可愛いピンクが使われていて、ジムでも目立つこと間違いなし!?

No.3:アディダス  WMクライマライトトレーニンググローブ

特殊糸を使用しているため通気性と速乾性に優れており、蒸れを防いでくれます!

No.4:ハービンジャー トレーニンググローブ

耐久性のある滑りにくい皮を手のひら部分に使用。
甲側はメッシュ素材のためストレッチ性も抜群で、使いやすく価格も比較的安いです!

No.5:ゴールドジム レザーグローブ

レザーグローブのレディース用。
あまり高重量を扱わない女性はこの程度の厚みがあったほうが痛くなく、
ちょうど良いかもしれません!

トレーニンググローブ:コスパ編

価格の安いトレーニンググローブは生地が分厚く使いにくところはありますが、その分、豆はできにくくなります。

毎日は使わないから質より安さで選びたいという方はこれらのトレーニンググローブを選ぶと良いでしょう。

No.1:GW SPORTS トレーニンググローブ リストフラップ付き

軽量な素材を使用しており通気性、快適性に優れコスパ最高の商品です!

No.2:Unigear トレーニンググローブ リストフラップ付き

デザインが独特でおしゃれなのが特徴です。
手のひら部分には耐久性が高いシリコンを使用しているためグリップ力が高いです。

No.3:SIMARI トレーニンググローブ 

このトレーニンググローブは恐らく価格は1番安いです。
手のひら部分には保護クッションがついているため、豆や水ぶくれを作りにくくしてくれます!

今回紹介したおすすめのトレーニンググローブ一覧

                                       
商品画像
ブランド ゴールドジム ゴールドジム シーク アディダス ゴールドジム ゴールドジム シーク アディダス ハービンジャー ゴールドジム GW SPORTS Unigear SIMARI
特徴 ダブルベルトタイプ リストラップ一体型 リストラップ一体型 リストラップ一体型 コスパが良い ダブルベルトタイプ リストラップ一体型 通気性が良い ストレッチ性抜群 コスパが良い コスパが良い コスパが良い コスパが良い
厚さ 薄い 薄い 比較的薄い 比較的薄い 厚い 薄い 比較的薄い 比較的厚い 比較的薄い 厚い厚い厚い厚い
洗濯(可/否) 可能 可能 可能 不明 不明 可能 可能 可能 洗濯機不可 不明可能不明可能
オススメ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★★★ ★★ ★★★
商品リンク Amazonで詳細を見るAmazonで詳細を見るAmazonで詳細を見るAmazonで詳細を見るAmazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る Amazonで詳細を見る

まとめ

今回はトレーニンググローブの選び方とおすすめについて紹介させていただきました。

筋トレによる豆を予防するためにトレーニンググローブは有効な手段になります。
しかし選び方には注意しなければなりません。

  • できるだけ厚さが薄いものを選ぶ
  • 洗濯できるものを選ぶ
  • 耐久性がしっかりしたものを選ぶ

以上のことに気をつけてトレーニンググローブを選ぶと良いでしょう。

また、好きなデザインを選ぶと筋トレのモチベーションが上がり、より一層筋トレの質を高めることができるでしょう。

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?