プロテイン

【Dymatize ISO100】ダイマタイズのホエイプロテインをレビュー!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Dymatize ISO100って価格が高くてなかなか買う気になれませんよね。

プロテインだけではなくダイマタイズって他のサプリも高いんですよ。以前に「ALL9Amino(EAA)」も買ったことがありますが、これも高かった。

でも重要なのはそれに見合う価値はあるのか。ですよね。

今回はダイマタイズのプロテインをレビューしていきます。

ダイマタイズのISO100はWPI100%の高品質プロテイン

今や国内外さまざまなプロテインがありますが、その多くが「WPC(Whey Protein Cocentrate)」というプロテインになっています。

  • WPC→乳脂肪分や乳糖が多く残った状態のプロテイン。価格は安い。
  • WPI→乳糖や乳脂肪分がほとんど取り除かれている。価格は高い。

だから価格が高いのは当然のこと。しかもダイマタイズのISO100は100%WPI。これってすごいんですよ。

WPIと書かれていてもWPCとのブレンドになっていることが多い

例えば世界No.1のシェアを誇る「ゴールドスタンダード」というプロテインがありますが、これもWPIと書かれていますが、WPCとのブレンドになっています。

価格はゴールドスタンダードの2倍くらいしますが、そのくらい原価がかかっているということです。

ダイマタイズのISO100はめちゃくちゃうまい!

ISO100はとても溶けがよくて泡立ちやダマもほぼありません。

そしてとてもうまい。

味がうすいと言われている「ゴールドスタンダード」よりも少し甘く、甘すぎるといわれている「コンバットプロテイン」よりも甘くない。

だから日本人の味覚にピッタリだと思います。個人的には過去一と言っても良いくらいうまい。

WPI100%だから糖質や脂質が少なく低カロリー!

カロリー120kcal
脂質0g
炭水化物2g
タンパク質25g

価格が安いWPCのプロテインって乳糖や乳脂肪分が多く含まれているぶん、カロリーが高くなりがち。

でもISO100は炭水化物や脂質が「ほぼ0」なので低カロリーでタンパク質だけを摂ることができます。

乳糖不耐性の人にもおすすめ

ISO100は100%WPIのプロテインなので乳糖は、ほぼ入っていません。

だから牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう「乳糖不耐性」の人に特におすすめです。

プロテインを飲むとお腹を下しちゃう人って結構多いですからね…😅

ISO100に用いられる精密ろ過技術は世界的にも高い評価を受けており、最高の品質水準で作られているとのこと。

Dymatize ISO100のまとめ

今回はDymatize(ダイマタイズ)のISO100というプロテインを紹介しました。

価格が高くて買うのをためらっていたんですが買って正解でした。

WPI100%で低カロリーなうえに、味がほんとにうまい。価格は高いですがそれに見合うプロテインだなと感じました。

iHerbで購入するときは私の紹介コード「AWC9842」を使うことでさらに初回10%オフ2回目以降も5%オフで購入可能です。

ぜひお試しください👍

created by Rinker
Dymatize
¥11,400 (2024/07/12 17:09:30時点 Amazon調べ-詳細)

紹介コード「AWC9842」でもっとお得に

関連記事

ABOUT ME
えーたく
筋トレ歴6年。 過去に飲んだサプリ→プロテイン60種以上・アミノ酸30種以上・プレワークアウト30種以上。 1年目で筋トレするためアメリカのベニスへ。現在も週5で筋トレしています。 以前はiHerbのサプリを中心に紹介していましたが、現在は国産のサプリを中心に紹介しています。
RELATED POST