田舎トレーニー A.Tak

脂質制限中でも食べられる脂質が少ないおすすめのお菓子って?

脂質制限ダイエット

脂質制限ダイエットでは脂質をカットするため、他のダイエットに比べても特にお腹が空きやすい。

私自身、脂質制限ダイエットを実際にやってみてそんな風に感じました。

そこでこの記事では脂質制限中にも食べられる脂質が低いおすすめのお菓子について紹介していきます。

脂質が少ないお菓子を選ぶ時の注意点

脂質制限では特に空腹感を感じやすくなりますが、そんなときにどのようなことに注意してお菓子を選べば良いのでしょうか。

脂質が少ないお菓子を選ぶときには以下のことに注意して選ぶようにしてください。

  1. 食べきりサイズを選ぶ
  2. 栄養成分表示を確認して選ぶ
  3. できるだけ咀嚼が必要なものを選ぶ

①食べきりサイズを選ぶ

これはお菓子選び全般に言えることですが、お菓子はできるだけ「食べきりサイズ」を選びましょう。

よく大袋で安く販売されているお菓子もありますが、そう言うお菓子を買ってしまうと自分がどのくらいのカロリーを摂取したのかが分からなくなります。

あくまでもダイエットでは「摂取カロリー<消費カロリー」にすることが重要です。

食べきりサイズのものを購入することで、そのお菓子で「どのくらいのカロリーを摂ったのか」がわかるので大袋サイズで販売されているものはなるべく避けましょう。

②栄養成分表示を確認して選ぶ

脂質が少ないお菓子を選ぶには栄養成分表示に記載されてある「脂質」の部分ができるだけ少ないものを購入しましょう。

また、先ほども触れましたがそのお菓子にどのくらいのカロリーが含まれているかを確認することも重要です。

だから特にダイエット中は脂質が少なくできるだけカロリーが低いものを選ぶようにしましょう。

③できるだけ咀嚼が必要なものを選ぶ

冒頭でもお話ししましたが、脂質制限ダイエットでは特に空腹感を感じやすくなります。

だから噛まなくても食べられるようなお菓子よりも、できるだけ噛む必要があるお菓子を選ぶことで空腹感を紛らわすことができます。

また、よく噛んで食べることでダイエット効果が高まることも研究でわかっています。

できるだけ柔らかいお菓子よりも硬めのお菓子を選ぶようにしましょう。

脂質制限中でも食べられる脂質が少ないおすすめのお菓子って?

私は脂質制限ダイエット中に脂質が低いお菓子はないだろうかとスーパーやコンビニに毎日のようにいきましたが、基本的に和菓子は脂質が低い傾向にあります。

  • まんじゅう
  • だんご
  • せんべい
  • 干し芋
  • 羊羹(ようかん)
  • カステラ
  • どら焼き

しかし和菓子だからと言って全てが脂質が少ないわけではありません。
この中で言うと「どら焼き」や「カステラ」は他の和菓子と比べても脂質が多いのでダイエット中には適さないでしょう。

そのほかにも、マシュマロなんかも脂質が少ないです。
1口サイズで食べやすいものが販売されているのでそう言ったものを食べてみるのも良いでしょう。

created by Rinker
ベストチョイス
¥588 (2021/09/17 19:27:57時点 Amazon調べ-詳細)

和菓子なら干し芋が最適

羊羹やだんごなどの和菓子は脂質が少ないという話をしましたが、これらの和菓子には大量の砂糖が使われています。

そのため基本的に和菓子はGI値が高くなり腹持ちが悪い傾向にあります。
脂質が少ないお菓子と言えど、できるだけ砂糖が使われていないお菓子を選びたいところです。

そこで私が1番おすすめする脂質が少ないお菓子が「干し芋」です。
干し芋は食物繊維が豊富に含まれているし、必然的に噛む回数が増えるので腹持ちが良いというのもおすすめするポイント。

私が脂質制限中に毎日食べていた干し芋はこれです⬇︎

干し芋にも大袋に入ったものがありますが、小分けになっている物の方がカロリーの目安も付きやすく食べやすいのでおすすめです。

脂質が少ないプロテインバーもある

脂質が少ないお菓子として和菓子をおすすめしましましたが、その他にも脂質が少ないプロテインバーもあります。

ダイエット中は特にタンパク質を多く摂る食生活が重要になりますので、気になる方は以下記事で紹介しているプロテインバーもぜひチェックしてみてください。

脂質が少ないお菓子のまとめ

脂質制限中は脂質をカットするため、特にお腹が空きやすくなります。

そこで今回は脂質制限中にも食べられる脂質が少ないお菓子について紹介させていただきました。

脂質が少ないお菓子は和菓子に多いです。
羊羹やだんごや干し芋など…

特におすすめなのは「干し芋」です。
干し芋は食物繊維が豊富に含まれているから腹持ちが良いし、砂糖が大量に使われているということもありません。

またダイエット中は特にタンパク質を多く摂ることでダイエット効果を高めることができます。

だから脂質が少ないプロテインバーを間食や食事の置き換えとして食べるのも良いでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?