田舎トレーニー A.Tak

【比較動画あり】溶けやすさで選ぶならこのクレアチンがおすすめ!

おすすめ

クレアチンは筋トレをする時のエネルギーになるためクレアチンを摂ることで筋トレのパフォーマンスが上がります。

しかし実際飲んでみると溶けにくくてジャリジャリするなど、いくら筋トレのパフォーマンスが上がるからと言って飲みにくいものを飲みたくはないはず。

そこで今回は私が実際に行った人気のクレアチンの溶けやすさを比較した動画を基に溶けが良いおすすめのクレアチンについて紹介していきます。

【比較動画あり】溶けやすさで選ぶならこのクレアチンがおすすめ!

この動画では私が人気ブランドのクレアチンの溶けやすさや味の比較を行いました。

この動画で比較したブランドは、

  • マッスルファーム
  • ユニバーサルニュートリション
  • オプチマム
  • マッスルファーム
  • EFX(バッファードタイプなので比較なし)

その他にもこれでマイプロテインのクレアチンやバルクスポーツのクレアチンも摂取したことがあります。

これらを基に溶けやすいおすすめのクレアチンを紹介していきますが、その前に簡単にクレアチンの種類についても説明します。

クレアチンの種類とは

クレアチンについて調べたことがある方はご存知かもしれませんがクレアチンには大きく3種類あります。

  • 純度が低いモノハイドレートタイプ
  • 純度が高いモノハイドレートタイプ(クレアピュア)
  • HCL(ハイドロクロライド)

また携帯するのが便利なバッファードタイプ(カプセル)もあります。
バッファードタイプはカプセルに入っているので苦味を感じず、胃酸などの影響を受けずに筋肉まで届けることができます。

そしてこれらの3種類にはこのような特徴があります。

価格効果ローディング
モノハイドレート安い微妙必要
クレアピュア高い確実無理に行う必要はない
HCLかなり高い確実必要ない

個人的には純度の高いクレアピュアをおすすめします。
なぜなら純度が低いクレアチンは確実に効果を実感できるかわからないからです。

HCLのクレアチンはローディングが必要ありません。ローディングのやり方として「1日20gのクレアチンを1週間摂り続ける方法」や「1日3gを1ヶ月摂り続ける方法」がありますが、いずれにせよ効果を実感するまで時間がかかります。

そのような手間がなくすぐに効果を実感できるのがHCLの良いところですが価格が高いので無理に買う必要はないでしょう。

溶けやすさで選ぶおすすめのクレアチン

それでは早速溶けやすいおすすめのクレアチンを紹介していきます。

溶けやすさNo.1:マッスルテック

マッスルテックのクレアチンはかなり溶けがよく、飲むときにジャリジャリかんはありません。

クレアピュアではないのでクレアチンの純度はそこまで高くはありませんが価格が安く溶けが良いのでおすすめです。

created by Rinker
MuscleTech
¥2,000 (2021/06/20 16:43:22時点 Amazon調べ-詳細)

溶けやすさNO.2:オプチマム

オプチマムのクレアチンはマイクロナイズドされているので比較的溶けが良かったですが溶け切るまで時間がかかります。

だから筋トレ後などのプロテインと一緒に混ぜて飲むときは少しジャリジャリ感が残ります。

オプチマムのクレアチンは元々クレアピュアを使用してたのですが最近仕様が変更になったのかクレアピュアではなくなりました。
そこが少し残念です。

created by Rinker
オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)
¥3,500 (2021/06/20 16:43:23時点 Amazon調べ-詳細)

溶けやすさNo.3:クレアルカリン

動画ではバッファードタイプのクレアルカリンを紹介しましたが粉末タイプもあり、この粉末タイプは溶けが良いです。

アルカリンという名の通り、カプセルの中身はpH12前後のアルカリ性に設計されているため消化器官などでの分解を防ぎます。

クレアルカリンは臨床試験でもその効果が実証されたクレアチンなので価格は少し高いですが確実に効果を出したい方におすすめです。

溶けやすさNo.4:マイプロテイン

動画では紹介していませんが以前1年ほどマイプロテインのクレアチンを摂取していました。

そしてその溶けやすさはマッスルテックと互角でジャリジャリ感はほぼないと言っても良いでしょう。

またマイプロテインはその安さが最大の売りです。
公式ストアでは常時セールを行っているのでお得に購入できますよ!

マイプロテインにはクレアピュアもありますので、より効果を実感したい方はこちらをおすすめします。

created by Rinker
MYPROTEIN(マイプロテイン)
¥1,660 (2021/06/20 16:43:25時点 Amazon調べ-詳細)

溶けやすさNo.5:マッスルファーム

コンバットプロテインで有名なマッスルファームですがこのブランドのクレアチンは比較的溶けが悪かったです。

水に溶かしてすぐ飲む場合はもちろんですが、ジムでワークアウトドリンクに溶かして飲む場合でもジャリジャリ感が残りやすいです。

ただマッスルファームのクレアチンにはHCLが含まれているためローディングは必要ないというメリットがあります。特に価格が安いというわけではありませんがすぐに効果を感じたい方にはおすすめです。

今回おすすめした溶けやすいクレアチン一覧

     
商品画像
ブランド マッスルテック オプチマム EFX EFX マイプロテイン マイプロテイン マッスルファーム
種類 モノハイドレート モノハイドレート バッファード バッファード モノハイドレート クレアピュア モノハイドレート
オススメ度 ★★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★
商品リンク iHerbで詳細を見るiHerbで詳細を見るiHerbで詳細を見るiHerbで詳細を見る 公式ストアで詳細を見る 公式ストアで詳細を見る iHerbで詳細を見る
   

iHerbの使い方はこちらから↓
iHerbって送料かかるの?紹介コードの使い方や買い方について

まとめ

今回は溶けが良いクレアチンを紹介させていただきました。
筋トレ中にクレアチンを摂ることで筋トレのパフォーマンスが上がりますが、中にはジャリジャリと溶けが悪いクレアチンがあります。

いくら筋肉のためと言えど飲みにくいクレアチンは避けたいもの。
だからぜひ今回の内容をクレアチン選びの参考にしてみてください。

また、筋トレでクレアチンが必要な理由は以下の記事で紹介しています。
気になる方はぜひご覧ください。

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?