田舎トレーニー A.Tak

【プロテインバーの選び方】100種類以上食べてきた僕の選び方とおすすめ

サプリメントの知識

プロテインバーと一重に言ってもさまざまな種類のものがあることはご存知かと思います。
例えば最近話題なのは糖質が低い「低糖質のプロテインバー 」
今もっとも注目を集めている種類の1つではないでしょうか。

ただ、その逆に糖質がかなり高く、タンパク質があまり含まれていないようなプロテインバーもあります。
なぜこのようにいろいろな種類のプロテインバーがあるのでしょうか。

それは「ある特定の用途」に向けて作られているからです。
今回は、そんなさまざまな用途にあったプロテインバー の選び方とそれぞれのオススメのプロテインバーを、
100種類以上のプロテインバーを食べてきた私の経験をもとに紹介していこうと思います。

プロテインバーの選び方

YOUTUBEにてプロテインバーの選び方について解説させていただきました。

冒頭でもお話しした通り、プロテインバーにはさまざまな種類のものがあります。
これらを分類に分けるとこんな感じでしょうか

  1. 「低糖質・高タンパク」なプロテインバー
  2. 「高糖質・低タンパク」なプロテインバー
  3. 「高脂質・低糖質」なプロテインバー

それでは、それぞれの種類のプロテインバー について解説していきます。

①「低糖質・高タンパク」なプロテインバー

低糖質で高タンパクのプロテインバーは「ダイエット」におすすめです。
糖質の摂取を制限することで身体の筋肉や肝臓に蓄えられているグリコーゲン(糖質)の貯蔵量が少なくなり、
それと同時に身体の水分量も減るため、より効率的に体重を落とすことができます。

また、高タンパクな食べ物はDIT(食事誘発性熱産生)の働きを活発化し、
食事における代謝を上げてくれる働きをします。
だからダイエットをする際はできるだけ「低糖質・高タンパク」のプロテインバー を選ぶようにしましょう。

ダイエット時に選ぶプロテインバーはこれ!

ちなみのに僕のおすすめはNUGOニュートリションの「Smarte Carb」です。
特にピーナッツバタークランチ味は海外の美味しいお菓子って感じで、
朝食なんかにも食べやすく美味しいプロテインバーになっています。

NuGo Nutrition, Smarte Carb Bar
created by Rinker
NuGo

・味に関する詳しいレビューはこちらから>>

②「高糖質・低タンパク」なプロテインバー

高糖質で低タンパクというと「なんだか太りそう」とイメージするかもしれません。
確かに、この部類のプロテインバーはとても太りやすいです。

低糖質・高タンパクのプロテインバーが体重を落とすには有利なのでその逆であるこの部類は太ります。

だから普段はあまり食べない方が良いです。
しかし、運動後の体力を回復させたい場合にはとても効果的です。

例えば、学生時代に部活動をしていた方であれば「カロリーメイト」や「ウイダインゼリー」を部活の休憩や試合の時に飲食した経験があるのではないでしょうか。

この部類のプロテインバーはこのようなスタミナを回復させたい場合に効果的です。
僕の場合は趣味で登山やハイキングをしますが、こういった場面でこのプロテインバーは体力回復に最適なのです。

エネルギー回復に選ぶプロテインバーはこれ!

そして僕のオススメは「Clif Bar」です。
総炭水化物は「42g」でタンパク質は約9gとやや少ないですが、エネルギーを回復させたい場面ではかなり効果的です。

特に僕のオススメは「ホワイトチョコレートマカダミアナッツ味」
登山などのアウトドアの他にも、朝食を摂る時間がない時にも活用しています。
ただ、食事の代用として食べる時はプロテインも一緒に飲んだ方が良いと思います。
タンパク質の含有量は少ないので…。

Clif Bar, エネルギーバー
created by Rinker
CLIF

・味に関する詳しいレビューはこちらから>>

「高脂質・低糖質」

高脂質のプロテインバーはあまり聞きなてないかとも多いのではないでしょうか。
というのも日本のお店の店頭にはこの部類のプロテインバーを扱っていないからです。

この部類のプロテインバーは主にケトジェニックダイエットや糖質制限ダイエットの時に食べるのに最適です。

これらのダイエットをするときは基本的に糖質の摂取量を減らさなければなりません。

しかしここで、
んじゃ「低糖質・高タンパクのプロテインバーでダメなの?」という疑問を抱くかもしれません。

もちろんこれらのダイエットの際、低糖質のプロテインバーを選んでも良いのです。
しかしそれだけだと、エネルギー不足になる可能性があります。

これはどういうことかというと、
我々人間は「糖質」と「脂質」をエネルギー源に活動しています。
一般的に「糖質6:タンパク質1:脂質3」の食事バランスが良いと言われていますが、
糖質制限ダイエットをする際は「糖質1:タンパク質3:脂質6」位のバランスが良いとされています。

ということは、糖質を制限して脂質をしっかり摂取しなければエネルギー不足になって「頭が働かなかったり、ボーッとしたり」という現象に陥ってしまうのです。

多くの方が糖質を制限すれば良いと勘違いしていますが、実は脂質をしっかり取ることが非常に重要なのです。

だからこのようなダイエットをしている時に「高脂質・低糖質」のプロテインバーが最適なのです。

ケトジェニックや糖質制限時に選ぶプロテインバーはこれ!

そこで僕のオススメはRSPニュートリションの「WHOLE BAR」です。
僕はケトジェニックダイエットや糖質制限ダイエットをする際に食べますが、かなり美味しいです。

ただ、普段食べるプロテイバーとしてはあまり向いていません。
なぜなら高脂質なのでかなり脂っこいからです。
あくまでも糖質制限やケトジェニック専用のプロテインバーとして購入すると良いでしょう。

・味に関する詳しいレビューはこちらから>>

プロテインバーの選び方のまとめ

今回は、プロテインバーの選び方について紹介させていただきました。
日本ではまだプロテインバーを食べる習慣があまり根付いていませんが、海外ではちょっとしたお菓子として食べられるほど食習慣の一部として根付いています。

だから、国産よりも海外産のプロテインバーの方がさまざまな種類があり、どれを買えば良いのか迷うかもしれません。
そんな時にこの記事が参考になれば幸いです。

また海外のプロテインバーは「iHerb」と言うサイトで安く購入することができます。
まだ利用したことがない方はぜひチェックして見てください。

➡︎iHerbの利用方法がわからない方はこちらから
>>iHerbって送料かかるの?紹介コードの使い方や買い方について

人気記事 BCAAとEAAの違いとは?プロテインじゃダメなの?